FC2ブログ
プロフィール

けいすけ

Author:けいすけ
site is ←ここはどこ
i am ←私はだれ
・twitter ←つぶやき
pictter ←お絵かき
instagram ←トイカメラ
・wallpaper ←壁紙配布
・postcard ←販売

何見るか迷ったらコレ
[集落探索]
ちば 地図にない村
富士山麓の孤立した集落

[喫茶レビュー]
JUN'S+α cafe 2010(調布)
プロペラカフェ(調布)
グラン・ボア(黒磯)
・Cafe EUR(仙台)
・HARRY'S CAFE(京都)

[カメラレビュー]
女子にはD5000かD7000か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

66

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)


『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)


さて、一向は中央高速道を降り、目的地に向かって下の道を走り始めたわけですが、
この段階で既に周囲は見渡す限り、木、林、森、で埋め尽くされていた訳です。
その理由はとても簡単で、一行が走っているのは富士山原生林近辺なのです。


というか、そう、つまり一行は


富士樹海の外枠をなぞっているのです。


良くも悪くも様々な噂と憶測が飛び交い乱れ交じり合う富士樹海と、
人が平穏に住む生活圏の、この2つの境界を走る様子はさながら


01


生と死の境界を走っている気分


(`・ω・´)ドヤ


なんて表現は少しオーバーかもしれないが、
それでも、鬱蒼と生い茂る樹海に終始圧倒されっぱなしだった訳です。
樹海の中はさながらもののけ姫のような状態。シシガミ様がいても全然おかしくない。


ちなみに、道中ずっと樹海を横目に走っていた訳ではない。
途中には五千円札富士と同じ景色が見えるスポットなんてのもあるのです。。
そういった小スポットも経由しながら、一行は楽しくドライブを続けていた。


03
五千円札富士スポットにて


それでも、目的地に向かって車を走らせれば走らせるほど、
道行く人は消え、対向車は減り、トンネルは増え、田畑には雑草が茂り、
廃車が路肩に放置されている、そんな様子が現れ始めたわけです。


03


この廃バスを過ぎてから、道中の様子は急激に変化し始めた。
周囲からはあっという間に人の姿が消え、建物が消え、道は先細り、
車道と平行に川が流れ始め、上り下りが激しくなったのである。
ちなみに、道中には分かれ道なんてものはなく、


ずっと一本道が続いていた(重要)
人一人通れないような道は所々あったけれども


04


まだギリギリガードレールはある。
「最早人工物がガードレールぐらいしかない」とも言う。


更に進んでいくと、平行して走っていた川が途中から消え、
その代わりに、トトロに出てくるような木々のトンネルが現れ始めた。


05


そんなこんなしていると、とうとう道がなくなりだしたのである。
一行は狂喜乱舞した。「そろそろ着くぞっ」「歩く準備とかしないとだなっ」
そんな声が車内で飛び交い、全員のテンションはこれ以上ないぐらいあがっていた。


すると、突然目の前が開け、舗装された道路が現れたのである。
一瞬、一同は目を丸くし自失呆然、完全キョトン状態になってしまった。
そう、予想ではここらで道がなくなると思っていたのである。

それでも一行はおかしいなおかしいな言いながら更に道を進んで行った。
すると、目の前に大きな看板が現れた。


06


えっ


何かよくわからんが、村に着いた


集落編】に続く


これ押すと
人気ブログランキングへ
ランキングの1票だそうな

スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。