FC2ブログ
プロフィール

けいすけ

Author:けいすけ
site is ←ここはどこ
i am ←私はだれ
・twitter ←つぶやき
pictter ←お絵かき
instagram ←トイカメラ
・wallpaper ←壁紙配布
・postcard ←販売

何見るか迷ったらコレ
[集落探索]
ちば 地図にない村
富士山麓の孤立した集落

[喫茶レビュー]
JUN'S+α cafe 2010(調布)
プロペラカフェ(調布)
グラン・ボア(黒磯)
・Cafe EUR(仙台)
・HARRY'S CAFE(京都)

[カメラレビュー]
女子にはD5000かD7000か
39

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(海岸編)

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)
『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)
『ちば 地図にない村』 に行ってきた(秘境編)


一行は秘境探索を終え、帰路に向か・・・うはずだったが、
合言葉「山見たら海だろ」の名の下に房総半島の先まで行くことにしたのだった。


map


館山自動車道君津ICで降りた後、山道をウネウネと進みながら目的地まで進んだ。
目的地【A】で色々と探索をした後、来た道を帰らずに、海を見るために更に南下し、
ひとまず目標を外房線「安房小湊」へと切り替えたのであった。


さて、行きに比べて道が多少大きくなっていたこと、
また、運転する距離も行きに比べて多少短くなっていたこともあり、
一行の南下は非常にスムーズに行われ、あっと言う間にそこそこ大きい道へと出た。
このそこそこ大きい道に出てすぐ辺りによくわからない建物があったので立ち寄った。


1


ここを登って、その上からの眺望はこんな感じ。


2


海見える。


あとで調べてみたら、ここは天拝園妙法生寺というお寺の一部だったみたいです。
まあ、肝心の天拝園妙法生寺には行かなかったんですけどね。


そういえばここ、あじさいがすごいみたいです。確かに回り見渡した時に
枯れたあじさいがたくさんありました。枯れたあじさいに囲まれていた気がするのです。


4


そんな寄り道をしながら車を走らせていると1時間程度で安房小湊に着いたのでした。
着いた時間は17時ぐらい。日もそろそろ沈むんじゃないかといった頃合。
という事は、山+海に更にある要素が加わるという事です。その要素とはもちろん


5


夕陽


こうして一行は無事房総半島の先、千葉の海岸へと辿りついたのだった。


久しぶりの海にテンションがあがったある者は、カニを捕まえようと磯へ突撃し、
素手でカニを捕まえようとしたら、誤ってカニのハサミを千切ってしまい
例え様のない無い申し訳ない感と、言いようも無い絶望感に打ちひしがれ、


またある者は磯に閉じ込められたフグを金魚すくい感覚ですくいあげてみたら
意外に簡単にすくいあげられた上に、辛そうにピクピクしてる姿を見て、
やっぱり例え様の無い申し訳ない感と、生命の儚さに打ちひしがれたのであった。


6


海を楽しんだ後、一行は温泉へと行き、ここまでの汗を流した。
沈む夕陽を牛乳自販機の前で眺め、露天風呂から暗くなる海岸を眺め、
シフクの時間を満喫したのだった。


「よし、そろそろ帰るか!」


となったのが19時。


今日中に自宅に着くのは無理だと、全員が自覚したのだった。


気が向いたら【帰路編】に続くか?


これ押すと
人気ブログランキングへ
ランキングの1票だそうな

スポンサーサイト



5

Comment

  1. 十円ハゲ

    十円ハゲ

    2011-06-27 (Mon) 14:13

    お疲れ様でした。 
    世の中にはまだまだ知られていない場所がたくさんあるのですね・・・
  2. けいすけ

    けいすけ

    2011-06-27 (Mon) 17:13

    そうですね、僕も学ぶ所の多い小旅行になりました。

    こういった所に足を運ぶと、昔の日本を垣間見ることが出来るので
    すごく不思議な気分になりますよ!
  3. ルル

    ルル

    2012-06-29 (Fri) 03:05

    導入編から見ました(^o^)/

    その探求心!たまりませんんっ♪
    千葉県住みなんで、今度休みの日にでも行ってこようかと…
    朝出発すれば女性1人でも危なくないですかね?

    今からワクワクo(^-^)o
  4. -

    2012-07-14 (Sat) 02:10

    麻綿原は千葉南部では有名なアジサイの名所ですね

    子供のころ(わざわざ雨の中)親に連れられていきました

    シーズンともなると結構な数の人が見に行きます

    そのせいか個人的には、あまり秘境みたいには感じないんですよね
  5. もあい

    もあい

    2013-01-05 (Sat) 21:38

    引き続きですが、このような探検模様を残そうと思われたけいすけさん、そして仲間たちが素晴らしい。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop