FC2ブログ
プロフィール

けいすけ

Author:けいすけ
site is ←ここはどこ
i am ←私はだれ
・twitter ←つぶやき
pictter ←お絵かき
instagram ←トイカメラ
・wallpaper ←壁紙配布
・postcard ←販売

何見るか迷ったらコレ
[集落探索]
ちば 地図にない村
富士山麓の孤立した集落

[喫茶レビュー]
JUN'S+α cafe 2010(調布)
プロペラカフェ(調布)
グラン・ボア(黒磯)
・Cafe EUR(仙台)
・HARRY'S CAFE(京都)

[カメラレビュー]
女子にはD5000かD7000か
122

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(プチ遭難編)


『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(精進村編)
『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(三ッ沢集落編)


一悶着の発端は、ここ。


20110621_3


ここを左にまがると引き続き416号を走ることになるんですが、
真ん中付近に見える黄色い車止めを越えた先がどうにも怪しく感じた一行は、
まだ416号線が終わっていないにも関らず


「あ、もしやここから目的地へ行くんじゃね?」


と盛大に勘違いをし、この黄色い柵を越え、まっすぐ進んだのでした。
ちなみに「もしやここから目的地へ行くんじゃね?」って言いだしたのは僕。
というのも、前回の集落探索の時の記憶を辿ると416号上から右に入れる
小道ってのがここしか思いつかなかったんですよ、えへへ(言い訳



さて、柵を越えて侵入した先は想像以上にもののけ道で、
道が舗装されていないなんてのは最早デフォルト、仕様で、
木の枝が上から垂れていて車のフロントガラスにガンガン当たるし、
何も考えずに走ると車道に転がる落石が車の底をガンガン削りだす始末。


20110622_2


景色は最高なんですけどね


20110622_3


とりあえず車で行けるギリギリまで進んでみた。


と簡単に言うけれど、車で進めるギリギリを見極めるのが大変でした。
車の方向転換が出来そうな所を見つける度に車内会議を行い、
「ここをスルーするか or ここで車を降りて徒歩か」の激論を行う感じ。


7人乗りとはいえ、少し大きめの車だった事もあり、
あまり無茶をせずに割と早い段階で車を降りました。


20110622_4


徒歩で進むと道が開けたかと思いきや、


20110622_5


突然岩の道を進む羽目になったりもしました。


基本は、川と平行に道っぽいものがあったので、
その道っぽい何かを追従する形でドンドン進んでいきました。
すると突然道がなくなったので「あれ?おかしいな」と思っていたら、


20110622_6


まさかの川にかかる枝の橋


こうなってくると、最早「散策」という単語が
適切な表現なのかどうか、甚だ疑問になってくる次第です。
きっとこれはもう「散策」ではなく「アウトドア」だよね。


20110622_10


かろうじて丸太でフォローされた崖っぷちの道を進んでいきました。


20110622_9


突き進めば突き進むほど杉の木の率があがっていき、
山側を眺めると上のような風景を見る事が出来ました。
これ、どう考えても非日常的。


20110622_12


進めば進むほど非日常。


とまあ、体力の続く限りにひたすら進んでみた所、
ここいらで導線の代わりをしていた丸太がなくなってしまったのです。
この時点で16時。さすがに一度下山しないと何が起きるかわからん、
天候もあまりよろしくない、置いてきた車も心配という事で、


「道、間違えたかも(ゝω・*)vキャピ」


そんな事をボソッと呟き、シュンとなりながら、
一行は踵を返し、来た道を戻りだしたのでした。


20110622_13



だいぶアウトドア的な山歩きに慣れてきていた事もあり、
一行は途中で少しだけ道を反れて岩山を登っていき、
上の画像のような、小さな岩滝を見る事も出来ました。


そして、この滝を見た後、再び元の道に戻ろうとしたのですが、


「あれ?こっちだっけ?」


なんて怖い発言が友人から飛び出し、


「もう!こっちだよこっち!」


とサラッと友人に答えたら


「いや、そっち逆だし」


と冷静に別の友人に突っ込まれ、


どのようにして人は山で遭難するか


という事を身をもって知る事が出来ました。あ・・・危なかった。


そんな逞しい友人達の強力なバックアップもあり、
一行は再び本道に戻り、再び帰路を辿り始めたのです。
帰りは行きに比べて少し陽が陰りだしていた事もあり、
山自体が不思議な静寂さを持っていました。


そして車に戻り、カーナビのマップと
iPadの地図とを比較しながら自分達の場所を確認すると、


20110622_14
カーナビの画像を透過して地図にのせてみた


「全然目的地に近づいてねぇ・・・」


一行は慌てて黄色の柵があった部分に引き返し、
再び416号を爆進し目的地へ向かうに至ったのでした。


おしまい。


これ押すと
人気ブログランキングへ
ランキングの1票だそうな
スポンサーサイト



15

Comment

  1. ゴスロリ

    ゴスロリ

    2011-11-26 (Sat) 15:03

    面白かったです
  2. あ

    2011-12-12 (Mon) 17:15

    たのしく読ませて頂きました
  3. けいすけ

    けいすけ

    2011-12-18 (Sun) 19:22

    ありがとうございます!
    興味をもって読んでいただいただけでも、
    探索した自分のモチベーションが浮かばれます!
  4. -

    2012-03-03 (Sat) 00:44

    楽しく読ませていただきました。

    衛星写真(?)で見るとすっごい秘境っぽいですが
    普通の農家があったんですねぇ。
  5. -

    2012-03-03 (Sat) 17:00

    楽しかったです。
    一緒に行ってくれる仲間がいるのって
    いいですね!
    自分もやってみたい!
  6. けいすけ

    けいすけ

    2012-03-06 (Tue) 11:33

    >>上の方
    ありがとうございます!
    あんなところにある家ってどんなんだろうと思っていたら、
    意外や意外、普通の家屋で、普通に農家やってました。
    先祖代々受け継いできた土地なんでしょうかねぇ
  7. けいすけ

    けいすけ

    2012-03-06 (Tue) 11:35

    >>下の方
    そこなんですよね!
    一緒に行ってくれる人がいると、ギリギリまで寛ばれます笑
    ぜひ同じ志を持つ人と一緒に集落などを自らの足で!
    踏み抜いてみてくださいな!
  8. ちゃ

    ちゃ

    2012-05-06 (Sun) 12:52

    八坂の謎(?)がわかってスッキリしました(^-^)
  9. -

    2012-08-10 (Fri) 04:19

    このコメントは管理者の承認待ちです
  10. -

    2012-10-27 (Sat) 22:44

    このコメントは管理者の承認待ちです
  11. もあい

    もあい

    2013-01-05 (Sat) 15:54

    今更なながら、誘導されてここにきました。
    前の方々のメッセージと一緒ですが、やけに謎といっているので、気になっていましたが、こうやって「みんなでいってみね?」と企画して、現地の人たちにリポートしてweb上に残すことは非常に良いことだと思います。文章のつくり方もうまい方で、面白かったです。
  12. jpggifpng3

    jpggifpng3

    2013-04-04 (Thu) 17:06

    面白い!河口浩みたい!
  13. -

    2014-01-18 (Sat) 10:01

    このコメントは管理者の承認待ちです
  14. -

    2014-06-11 (Wed) 00:58

    このコメントは管理者の承認待ちです
  15. -

    2017-05-27 (Sat) 17:23

    このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop