FC2ブログ
プロフィール

けいすけ

Author:けいすけ
site is ←ここはどこ
i am ←私はだれ
・twitter ←つぶやき
pictter ←お絵かき
instagram ←トイカメラ
・wallpaper ←壁紙配布
・postcard ←販売

何見るか迷ったらコレ
[集落探索]
ちば 地図にない村
富士山麓の孤立した集落

[喫茶レビュー]
JUN'S+α cafe 2010(調布)
プロペラカフェ(調布)
グラン・ボア(黒磯)
・Cafe EUR(仙台)
・HARRY'S CAFE(京都)

[カメラレビュー]
女子にはD5000かD7000か
68

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(廃村編)

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(八坂編)[あらすじ]富士山麓の孤立した集落を目指して出発した一行はどこでか道を間違えてしまい天空菜園八坂村に来てしまった。一通り八坂村を探索した後帰路を辿るが、途中で不思議な集落を発見。陽も徐々に落ち始めていたが、一行はこの集落を探索することにした。[本編]一行は... <center><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-65.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)</a><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-66.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)</a><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-67.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(八坂編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(八坂編)</a><br /><br /><br />[あらすじ]<br />富士山麓の孤立した集落を目指して出発した一行は<br />どこでか道を間違えてしまい天空菜園八坂村に来てしまった。<br />一通り八坂村を探索した後帰路を辿るが、途中で不思議な集落を発見。<br />陽も徐々に落ち始めていたが、一行はこの集落を探索することにした。<br /><br /><br />[本編]<br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/a_20110108215338.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/a_20110108215338.jpg" alt="a" border="0" width="423" height="321" /></a><br /><br /><br />一行は無人化したと思わしき廃村へと進んでいった。<br />と真っ先に目に付いたのは、八坂編にも載せた少し高い位置にある廃屋である。<br /><br />まずは、ここら辺がちゃんと廃村化しているという事を確認したかった一行は、<br />ひとまずこの廃屋をチラッとのぞき、引き続き奥に進むかを判断することにした。<br />浮浪者がいる可能性もあったので慎重に歩みを進めると、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/c1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/c1.jpg" alt="c1" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>こんな所に人は住めない。</strong></span><br />その廃墟さ、鬼太郎級。<br /><br /><br />壁は崩れ、障子は破れ、青いビニール袋は下が見えるほど擦り切れている。<br />人が住まなくっても、なお人を待つ崩れかけの家は最早寂しさしか感じられない。<br />木々は無造作に生え伸び、家を囲うように育っている。<br /><br />さて、先に進むことにした一行は、剥げた建物の外装の隙間から中を覗いてみた。<br />すると、中は荒れ果て、放置された家具が崩れているのを見て取れた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/d1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/d1.jpg" alt="d1" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />更に入り口の廃屋を横目で眺め、道なりを歩いていくと、<br />いくつかの建物が見えてきた。その全ては先の廃屋同様に壁が剥げ、中が見えていた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/e1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/e1.jpg" alt="e1" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />このように廃屋のいくつかを見ていくにつれて、<br />徐々にここが無人化した集落だという確信を得てきた。<br />ところが、<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>ひとつだけ気になる事があった。</strong></span><br /><br /><br />それは先に見た看板に書いてあった「道祖神」の事である。<br />この集落では「道祖神」が出土していたらしいという話は前回したが、<br />この集落ではその道祖神を神仏としてお寺で祀っていたそうなのだ。<br />そして、集落の無人化と同時に道祖神は地域の管理団体回収したとの事。<br />ということは、この集落には<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>道祖神の祀られていた寺があるはず。</strong></span><br /><br /><br />という訳で、確信を確証にするために一行は更に先へ進むことにした。<br />いくつかの廃屋を更に先に進むと、小さな細道があり、そこを進むことにした。<br />木々を手で払いながら進むと様々なものが現れた。例えば<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/f1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/f1.jpg" alt="f1" border="0" width="290" height="434" /></a><br /><br /><br />とか<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/g1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/g1.jpg" alt="g1" border="0" width="290" height="434" /></a><br /><br /><br />とか。<br /><br /><br />ところが進めど進めど神仏を祀っていた寺は見えてこず、<br />そうこうしている内に時間は16時を迎えようとしていた。<br />さすがに冬場の16時に無人化した集落と言うのは危ないということで<br />これ以上の探索は断念せざるを得なかった。<br />寺を見つけることは出来なかったのが非常に残念であった。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>「多分、ここは無人化した集落だな」</strong></span><br /><br /><br />という事で、一行は車へと戻りこの集落を後にした。<br />この段階で16時ちょい前ということで、一行はある1つの事を願って<br />車を発進させ、全速力でくだり道を駆け下りることにした。<br />一行の合言葉は、そう<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>「間に合え、夕日富士に。」</strong></span><br /><br /><br />気が向けば【帰路編】に続く(now texting)<br /><br /><br /><span style="color:#FF0000">[20110620追記]<br />目的地に辿り着けなかった悔しさが背中を押し、<br />懲りもせず再び山梨県に足を運び目的地を目指しました。<br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-120.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(精進村編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(精進村編)</a>に続きます。</span><br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /><br /></center>
67

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(八坂編)

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)[あらすじ]一行は富士山の麓にあるという集落を目指して車を走らせていた。道中前半はほぼ高速道路だったので順調に進んでいったのだが、高速道路を降りてからは、みるみると道が細くなり、人気がなくなっていった。一行は「本当にこの道であってるのか?」などと不安を抱きながらも、テンションでそういう類の邪念を振り切り... <center><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-65.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)</a><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-66.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)</a><br /><br /><br />[あらすじ]<br />一行は富士山の麓にあるという集落を目指して車を走らせていた。<br />道中前半はほぼ高速道路だったので順調に進んでいったのだが、<br />高速道路を降りてからは、みるみると道が細くなり、人気がなくなっていった。<br />一行は「本当にこの道であってるのか?」などと不安を抱きながらも、<br />テンションでそういう類の邪念を振り切り、目的地へと進んでいった。<br />すると、もう少しで目的地だーという所で謎の村に着いてしまった。<br /><br /><br />[本編]<br />そんな訳で、一行は一生懸命車を走らせた結果、<br />目的地には着かず、まさかの見知らぬ村に着いてしまったっぽかった。<br />また、その村の名前はどうやら、<strong>天空菜園 八坂村</strong>というらしかった。<br /><br /><br />一行は、ひとまず、「必要ない!」としまったカーナビを<br />助手席前カゴから取り出し、GPSで現在位置を確認することにした。<br />すると、GPSに示された青い点は、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/01_1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/01_1.jpg" alt="001" border="0" width="445" height="317" /></a><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>えっ</strong></span><br /><br /><br />おしい、おしいんだが、我々の目的地はここではない。<br />たしかにこの八坂村、富士山の麓にポツンとあるのも事実だし、<br />孤立した集落であることは間違いないと思うのだが、<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>我々の目的地はここじゃない</strong></span><br />大事な事なので2回いいました。<br /><br /><br />ところが、ここでまた来た道を引き返し、<br />分かれ道を探しながら真の目的地へ向かうには少々時間的な余裕がない事、<br />また、来た道があまりにも急勾配、激狭道だった事もあり下るのは非常に困難、<br />という事で、一行は目的地を急遽「天空菜園 八坂村」に変更したのであった。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/02_20101230233420.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/02_20101230233420.jpg" alt="02" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />天空菜園まであと100mという看板の記載を信じ、<br />一行は車から降りて歩きで村へと向かっていった。<br />すると、ほどなくして民家が1軒見えてきた。<br /><br /><br />(ところが民家を撮るのはルール違反なので、ここはNO PHOTO)<br /><br /><br />民家前を通るわけにもいかないので、早くも行き止まったかのように見えたが、<br />よくみると来た道を折り返すように小さな道が存在していた。<br />一行はその細い道を進み、天空にあるという「菜園」を目指すことにした。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/04_20101230234401.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/04_20101230234401.jpg" alt="04" border="0" width="290" height="434" /></a><br /><br /><br />この左側の細い道を進んでいき、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/05_20101230234600.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/05_20101230234600.jpg" alt="05" border="0" width="290" height="434" /></a><br /><br /><br />まだ陽も出てるのに真っ暗な木々の<br />トンネルへ足を踏み入れ、そこを抜けると、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/08_20101230235721.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/08_20101230235721.jpg" alt="08" border="0" width="579" height="387" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>眼前には山々の山。</strong></span><br /><br /><br />トンネルの先は、ススキが生えた崖へと続いていたのでした。<br />見よこの絶景。山の向こうにある山の向こうの、その更に向こうまで見えるのだ。<br />一行は確かにここで非日常的な風景を見ることが出来たのである。<br /><br /><br />さて、我々は辺りを見渡して、噂の天空菜園とやら探した。<br />ちなみに天空都市といえば「マチュピチュ」が有名だ。空中要塞とも言われている。<br />また、天空の城といえば「ラピュタ」が有名だ。積乱雲の中にあるという楽園だ。<br />この流れで天空菜園とくれば、きっとそれは素敵な菜園に違いないのだ。<br /><br /><br />辺りをキョロキョロしていると一行はなにやら菜園を見つけた。<br />我々は背の低い草木を足で掻き分け、小走りで菜園へと向かった。<br />はやる気持ちは手足を突き動かし、高鳴る鼓動は脳髄まで響いていた。<br />「どれだ、マチュピチュラピュタとならぶだろう天空菜園はどれだっ」<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/09.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/09.jpg" alt="09" border="0" width="579" height="387" /></a><br /><br /><br />ん?<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>えっ?</strong></span><br /><br /><br />そんな訳で一行は菜園八坂村を堪能する事が出来た。<br />我々は山はとても大きいという事、空はとても広いという事、<br />美味しい空気を吸う時はいつもよりたくさん空気を吸えるという事、<br />その他たくさんの事を肌で感じることが出来た。<br /><br /><br />帰りは八坂村に一礼をし、再び車へと戻ったのであった。<br /><br /><br />さてさて、皆さんが知っての通り、<br />冬は2時3時を過ぎると急激に太陽が沈みはじめます。<br />よって、非常に残念なことこの上ない気持ちは、ソッ・・・と心の奥に押し込めて、<br />一行は真の目的地へは寄らず、八坂村看板付近の横道から帰路を辿る事にしたのです。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/10.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/10.jpg" alt="10" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />帰り道は、ゆるいカーブと急激なカーブと崖カーブの3種を<br />ランダムに体感しながらスイスイと山を下っていった。<br />すると、なにやら途中で変な状況を目の当たりにする事となった。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/12.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/12.jpg" alt="11" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>ガードレールに結ばれたおびたたし数の布</strong></span><br /><br /><br />しかもこの布、よくみるとガードレールだけでなく、<br />周囲一体にも規則性無くランダムに結ばれているのである。<br />はじめは何かの催し事の片付け忘れかと思ってみていたが、<br />だんだん様相が普通じゃない事に気付き始めた。<br />そもそも、今通ってる道は普通の地図にはのらないような道なのだ。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>どう考えても何かおかしい。</strong></span><br /><br /><br />一行は車から降りて、周囲を探索した。<br />すると、近くになにやら白い看板があったので<br />慌てて駆け寄り、そこに書いてある文章を血眼で眺めた。<br />そこには、要約して3つの事が書いてあった。<br /><br /><br /><u>この付近には集落があった</u><br /><br /><u>その集落は無人化したことにより廃村と化した(昭和47年)</u><br /><br /><u>その集落からは謎の道祖神が発掘されていた</u><br /><br /><br />一行はこれらを踏まえて、もう少し遠くの方まで付近を探索することにした。<br />あたりには例のごとく、色鮮やかな布が大量に結ばれており、<br />段々日が落ち始めようとしている事もあってか不気味な様相をしていた。<br />更に少し道路から降りると、なにやら変なものが見えてきた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/13.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/13.jpg" alt="13" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>車停めの木が、道を塞いでいる。</strong></span><br /><br /><br />ここを少し超えて進むと、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/14.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/14.jpg" alt="14" border="0" width="290" height="434" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>布が終わり、廃屋が現れる。</strong></span><br /><br /><br />この先がもしかして、無人化した廃村?<br /><br /><br />【<a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-68.html" title="廃村編">廃村編</a>】に続く<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /><br /></center>
66

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(道中編)

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)さて、一向は中央高速道を降り、目的地に向かって下の道を走り始めたわけですが、この段階で既に周囲は見渡す限り、木、林、森、で埋め尽くされていた訳です。その理由はとても簡単で、一行が走っているのは富士山原生林近辺なのです。というか、そう、つまり一行は富士樹海の外枠をなぞっているのです。良くも悪くも様々な噂と憶測が飛び交い乱れ交じり合う富士樹海と、人が平... <center><br /><a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-65.html" target="_blank" title="『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)">『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)</a><br /><br /><br />さて、一向は中央高速道を降り、目的地に向かって下の道を走り始めたわけですが、<br />この段階で既に周囲は見渡す限り、木、林、森、で埋め尽くされていた訳です。<br />その理由はとても簡単で、一行が走っているのは富士山原生林近辺なのです。<br /><br /><br />というか、そう、つまり一行は<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>富士樹海の外枠をなぞっているのです。</strong></span><br /><br /><br />良くも悪くも様々な噂と憶測が飛び交い乱れ交じり合う富士樹海と、<br />人が平穏に住む生活圏の、この2つの境界を走る様子はさながら<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07779.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07779.jpg" alt="01" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>生と死の境界を走っている気分</strong></span><br /><br /><br />(`・ω・´)ドヤ<br /><br /><br />なんて表現は少しオーバーかもしれないが、<br />それでも、鬱蒼と生い茂る樹海に終始圧倒されっぱなしだった訳です。<br />樹海の中はさながらもののけ姫のような状態。シシガミ様がいても全然おかしくない。<br /><br /><br />ちなみに、道中ずっと樹海を横目に走っていた訳ではない。<br />途中には五千円札富士と同じ景色が見えるスポットなんてのもあるのです。。<br />そういった小スポットも経由しながら、一行は楽しくドライブを続けていた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/04.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/04.jpg" alt="03" border="0" width="434" height="290" /></a><br />五千円札富士スポットにて<br /><br /><br />それでも、目的地に向かって車を走らせれば走らせるほど、<br />道行く人は消え、対向車は減り、トンネルは増え、田畑には雑草が茂り、<br />廃車が路肩に放置されている、そんな様子が現れ始めたわけです。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/05.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/05.jpg" alt="03" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />この廃バスを過ぎてから、道中の様子は急激に変化し始めた。<br />周囲からはあっという間に人の姿が消え、建物が消え、道は先細り、<br />車道と平行に川が流れ始め、上り下りが激しくなったのである。<br />ちなみに、道中には分かれ道なんてものはなく、<br /><br /><br /><strong><span style="font-size:x-large;"><u>ずっと一本道が続いていた(重要)</u></span></strong><br /><span style="font-size:x-small;">人一人通れないような道は所々あったけれども</span><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/06.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/06.jpg" alt="04" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>まだギリギリガードレールはある。</strong></span><br /><span style="font-size:x-small;">「最早人工物がガードレールぐらいしかない」とも言う。</span><br /><br /><br />更に進んでいくと、平行して走っていた川が途中から消え、<br />その代わりに、トトロに出てくるような木々のトンネルが現れ始めた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/07.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/07.jpg" alt="05" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br />そんなこんなしていると、とうとう道がなくなりだしたのである。<br />一行は狂喜乱舞した。「そろそろ着くぞっ」「歩く準備とかしないとだなっ」<br />そんな声が車内で飛び交い、全員のテンションはこれ以上ないぐらいあがっていた。<br /><br /><br />すると、突然目の前が開け、舗装された道路が現れたのである。<br />一瞬、一同は目を丸くし自失呆然、完全キョトン状態になってしまった。<br />そう、予想ではここらで道がなくなると思っていたのである。<br /><br />それでも一行はおかしいなおかしいな言いながら更に道を進んで行った。<br />すると、目の前に大きな看板が現れた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/08.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/08.jpg" alt="06" border="0" width="434" height="290" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>えっ</strong></span><br /><br /><br />何かよくわからんが、村に着いた<br /><br /><br />【<a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-67.html" target="_blank" title="集落編">集落編</a>】に続く<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /></center>
65

『富士山の麓の孤立した集落』 に行ってきた(導入編)

[プロローグ]昨今、世界ではやれ食糧難だ、やれ人口増加に歯止めがかからんなどと言われていますが、一方で、それらとは対照的に日本ではやれ人口減少、少子高齢、地域過疎化等と言われております。ところが日本人の多くはそういったものを肌で感じることは無く、もちろん実感なんてものは無く、渋谷のスクランブル交差点をオドオドしながら歩き、新宿近辺の飲み屋で酔いつぶれ、秋葉原でチラシを配るメイドを横目で見ながら日々を... <center><br />[プロローグ]<br /><br />昨今、世界ではやれ食糧難だ、やれ人口増加に歯止めがかからんなどと言われていますが、<br />一方で、それらとは対照的に日本ではやれ人口減少、少子高齢、地域過疎化等と言われております。<br />ところが日本人の多くはそういったものを肌で感じることは無く、もちろん実感なんてものは無く、<br />渋谷のスクランブル交差点をオドオドしながら歩き、新宿近辺の飲み屋で酔いつぶれ、<br />秋葉原でチラシを配るメイドを横目で見ながら日々を過ごしている訳です。<br /><br />[本編]<br /><br /><u>そんな私</u>、この度このような所に行くことにしました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/01.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/01.jpg" alt="01" border="0" width="453" height="369" /></a><br /><br />山梨県富士山付近。<br /><br /><br /><br />それでは『<a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-34.html" target="_blank" title="ちば 地図にない村">ちば 地図にない村</a>』の時同様、もう少し寄りつつ航空写真にしてみましょう。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/2010122321445098d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/2010122321445098d.jpg" alt="02" border="0" width="530" height="396" /></a><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>えっ</strong></span><br /><br /><br /><br />目的地は<a href="http://maps.google.co.jp/maps?f=q&amp;source=embed&amp;hl=ja&amp;geocode=&amp;q=35.505446,138.588215&amp;sll=35.376576,136.828698&amp;sspn=0.005844,0.006577&amp;brcurrent=3,0x601be5c389401b0d:0x928e6c423238977e,0&amp;ie=UTF8&amp;t=h&amp;ll=35.50561,138.588238&amp;spn=0.004192,0.006866&amp;z=17" target="_blank" title="ここ">ここ</a>。場所は山梨県南巨摩郡身延町八坂。<br />最早田園のどかとかそういうレベルではない。地図を見てみても<br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>途中から道が無い。</strong></span><br /><br />今回はそんな素敵な集落、通称『富士山の麓の孤立した集落』に行くことにした。<br />しかし一人で行くのは少々怖い、何かあったら多分助けは呼べない(圏外的な意味)、<br />途中から道路がなくなるから道中の話し相手だってやっぱりほしいという事で、<br />友人を誘い東京都23区外から出発、山梨県へと向かうことにした。<br /><br />そんな訳で、一行は最寄のICから中央高速道に乗り、AKB48を聞きながら<br />友人に運転をしてもらいながらスンスングイグイと目的地を目指した。<br />道中、車内からは大きな山が見えた。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07738.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07738.jpg" alt="03" border="0" width="579" height="387" /></a><br /><br />富○山<br /><br /><br /><br />天候にも恵まれ、ICに乗ってすぐ富○山を見ることが出来た。<br />その後3~4つICを超えると上のように開けた富○山を眺めることが出来た。<br />小生、生まれて初めての富士山見学に、思わずテンションがあがり、<br />道中にして既にクライマックス状態、グッドエンドまっしぐら状態だった。<br />そのせいか、助手席のシートは小生のケツ汗でビッショりだったのである。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>この場を借りて謝る事にする。ごめん。</strong></span><br />(今回はレンタルカーではなく運転手のプライベート車を用いたのである)<br /><br /><br /><br />そんなこんなで我々は東京都を脱出し、無事山梨県へと入った。<br />事前に計画した通りに中央道をおり、すぐの『富士山の見える』ファミマで休憩を取った。<br />アイスを買い、寒い寒い良いながら富士山を眺めつつ一息をついたのであった。<br /><br />正直、ここまでは問題なくこれる事は容易に想像できていた。<br />なぜなら、ここまでは中央道をひたすら走ればいいだけなのだ。<br />問題はここからである。高速を降りて下を走り始めてからが本当の戦いなのだ。<br /><br />一行は車に乗り、コンビニを出て富士山河口湖町を走り始めたのだった。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/20101223230542d78.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/b/l/i/blissman/20101223230542d78.jpg" alt="05" border="0" width="569" height="358" /></a><br /><br /><br /><br />【<a href="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-66.html" title="道中編">道中編</a>】に続く<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /></center>
    Return to Pagetop