FC2ブログ
プロフィール

けいすけ

Author:けいすけ
site is ←ここはどこ
i am ←私はだれ
・twitter ←つぶやき
pictter ←お絵かき
instagram ←トイカメラ
・wallpaper ←壁紙配布
・postcard ←販売

何見るか迷ったらコレ
[集落探索]
ちば 地図にない村
富士山麓の孤立した集落

[喫茶レビュー]
JUN'S+α cafe 2010(調布)
プロペラカフェ(調布)
グラン・ボア(黒磯)
・Cafe EUR(仙台)
・HARRY'S CAFE(京都)

[カメラレビュー]
女子にはD5000かD7000か
39

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(海岸編)

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)『ちば 地図にない村』 に行ってきた(秘境編)一行は秘境探索を終え、帰路に向か・・・うはずだったが、合言葉「山見たら海だろ」の名の下に房総半島の先まで行くことにしたのだった。館山自動車道君津ICで降りた後、山道をウネウネと進みながら目的地まで進んだ。目的地【A】で色々と探索をした後、来た道を帰らずに、海を見るために更に南下し... <CENTER><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-34.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)</A><br /><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-36.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)</A><br /><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-37.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(秘境編)</A><br /><br /><br />一行は秘境探索を終え、帰路に向か・・・うはずだったが、<br />合言葉「山見たら海だろ」の名の下に房総半島の先まで行くことにしたのだった。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/a.jpg" alt="map" border="0" width="568" height="490" /></a><br /><br /><br />館山自動車道君津ICで降りた後、山道をウネウネと進みながら目的地まで進んだ。<br />目的地【A】で色々と探索をした後、来た道を帰らずに、海を見るために更に南下し、<br />ひとまず目標を外房線「安房小湊」へと切り替えたのであった。<br /><br /><br />さて、行きに比べて道が多少大きくなっていたこと、<br />また、運転する距離も行きに比べて多少短くなっていたこともあり、<br />一行の南下は非常にスムーズに行われ、あっと言う間にそこそこ大きい道へと出た。<br />このそこそこ大きい道に出てすぐ辺りによくわからない建物があったので立ち寄った。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07118.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07118.jpg" alt="1" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br />ここを登って、その上からの眺望はこんな感じ。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/2.jpg" alt="2" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">海見える。</span><br /><br /><br />あとで調べてみたら、ここは天拝園妙法生寺というお寺の一部だったみたいです。<br />まあ、肝心の天拝園妙法生寺には行かなかったんですけどね。<br /><br /><br />そういえばここ、あじさいがすごいみたいです。確かに回り見渡した時に<br />枯れたあじさいがたくさんありました。枯れたあじさいに囲まれていた気がするのです。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/4.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/4.jpg" alt="4" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br />そんな寄り道をしながら車を走らせていると1時間程度で安房小湊に着いたのでした。<br />着いた時間は17時ぐらい。日もそろそろ沈むんじゃないかといった頃合。<br />という事は、山+海に更にある要素が加わるという事です。その要素とはもちろん<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/5.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/5.jpg" alt="5" border="0" width="389" height="581" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">夕陽</span><br /><br /><br />こうして一行は無事房総半島の先、千葉の海岸へと辿りついたのだった。<br /><br /><br />久しぶりの海にテンションがあがったある者は、カニを捕まえようと磯へ突撃し、<br />素手でカニを捕まえようとしたら、誤ってカニのハサミを千切ってしまい<br />例え様のない無い申し訳ない感と、言いようも無い絶望感に打ちひしがれ、<br /><br /><br />またある者は磯に閉じ込められたフグを金魚すくい感覚ですくいあげてみたら<br />意外に簡単にすくいあげられた上に、辛そうにピクピクしてる姿を見て、<br />やっぱり例え様の無い申し訳ない感と、生命の儚さに打ちひしがれたのであった。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/6.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/6.jpg" alt="6" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br />海を楽しんだ後、一行は温泉へと行き、ここまでの汗を流した。<br />沈む夕陽を牛乳自販機の前で眺め、露天風呂から暗くなる海岸を眺め、<br />シフクの時間を満喫したのだった。<br /><br /><br />「よし、そろそろ帰るか!」<br /><br /><br />となったのが19時。<br /><br /><br />今日中に自宅に着くのは無理だと、全員が自覚したのだった。<br /><br /><br />気が向いたら【帰路編】に続くか?<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a><br /></CENTER>
37

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(秘境編)

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)導入編、潜入編に続き、秘境編です。さて、潜入編の最後にもボソッと話した通り、この集落、色々歩き回ってみると小さな道がいくつかあるのです。そのほとんどは、集落内への近道か、集落外への近道のどちらかっぽいんですけど、中には「これはどこへ続くのだ?」というようなトトロ路もあるのです。例えば、その中の1つがこれ↓実は画像左下... <CENTER><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-34.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)</A><br /><CENTER><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-36.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)</A><br /><br /><br />導入編、潜入編に続き、秘境編です。<br /><br /><br />さて、潜入編の最後にもボソッと話した通り、<br />この集落、色々歩き回ってみると小さな道がいくつかあるのです。<br />そのほとんどは、集落内への近道か、集落外への近道のどちらかっぽいんですけど、<br />中には「これはどこへ続くのだ?」というようなトトロ路もあるのです。<br />例えば、その中の1つがこれ↓<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07034.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07034.jpg" alt="1" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br />実は画像左下辺りに少し屈むと通れるぐらいの小さなトトロ路があるのです。<br />少し覗いてみると、そこには下に降りられるように丸太の階段が設置されてました。<br /><br /><br />集落を上から眺めると、一段下に小川らしきものが見えていた事、<br />また、地図を見ると実際に小川らしきものがあるという事だったので、<br />この路はもしや小川につながっているのかなぁ、という予想の元、<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">降りてみた。</span><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07061.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07061.jpg" alt="2" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br />入り口は狭いものの、実はくぐってしまえばあとの道は開けているのです。<br />それでも、まあ上を見上げると、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07056.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07056.jpg" alt="3" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">木々に覆われてるんですけどね。</span><br /><br /><br />中はセミとハチとヤモリとトンボとチョウのオンパレード。<br />下見ても上見ても蒸し蒸し(虫虫)してるのは、さながら秘境気分。<br /><br /><br />そんな事を考えながら歩いていくと、聞こえてくる水が静かに流れる音。<br />足取りを早めて先に進むと、小川を発見したのでした。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07076.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07076.jpg" alt="5" border="0" width="581" height="389" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">多分ここは秘境</span><br /><br /><br />なんとも素敵な所へ行き着いた訳です。<br />流れる川には、雨が降ってきたかと見間違うばかりのアメンボと、<br />小さな魚がたくさん生息していたのでした。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07084.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07084.jpg" alt="6" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br />苔はとても緑。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07103.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/7.jpg" alt="7" border="0" width="389" height="581" /><br /><span style="font-size:x-small;">↑クリックで大きいサイズになるようにしました</span></a><br /><br /><br />水がとても透明で、空の青も木々の緑も、川が綺麗に映し出す。<br /><br /><br />という訳で紛れもなく楽園でした。<br />川の流量自体はものすごく少なく、流音もチョロチョロといった感じ。<br />山間を流れる小川という位置付けでいいと思うのです。<br /><br /><br />そういえば、小川の先に行けなかったのが唯一残念。<br />先は多分、潜入編で載せた風景写真から見える所に繋がっていると思われるのです。<br /><br /><br />そして、色々と写真を撮りながらきた道を戻ったのでした。<br />もちろん集落へ戻る時は最初に通ったトトロ路を通らなくてはいけないので、<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/9.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/9.jpg" alt="9" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">ね?</span><br /><br /><br />2時半ぐらいに集落へと入ったので、滞在時間は1時間程度でしたが、<br />静かな集落にゆっくり時間が流れているのを肌で感じた1時間でした。<br />帰りは集落に一礼をし、再び歩いて車まで戻ったのでした。<br /><br /><br />車に戻ったのは多分16時ぐらい。<br />帰るタイミングとしても丁度良い時間でしたとさ。<br /><br /><br />その後、元々は来た道をそのまま逆走して帰る予定だったのですが、<br />「そのまま戻るのはなんだかつまらない」という事で、<br />一向は更に房総半島の先に向かって車を走らせ安房小湊駅へ向かったのでした。<br />3人の合言葉は、<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">「山見たら次は海だろ」</span><br /><br /><br />【<A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-39.html">海岸編</A>】へと続く。<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a><br /></CENTER>
36

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(潜入編)

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)導入編に引き続き潜入編。ここからは画像が多いです。車ではもう先に進めなくなったので(先が行き止まりのため)目的地まで歩くことになったわけですが、これまたびっくりする程人気がない。ガードレールがあるのだけが唯一の救い(精神的な意味で)まがりくねった道を歩くこと数百メートル。途中の崖っぽい所で野生のシカを見つけたり、2匹見かけたり、もう今更、対した事じゃ驚かない精... <CENTER><A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-34.html" about="blank">『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)</A><br /><br /><br />導入編に引き続き潜入編。<br />ここからは画像が多いです。<br /><br /><br />車ではもう先に進めなくなったので(先が行き止まりのため)<br />目的地まで歩くことになったわけですが、これまたびっくりする程人気がない。<br />ガードレールがあるのだけが唯一の救い(精神的な意味で)<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_2.jpg" alt="2" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br />まがりくねった道を歩くこと数百メートル。<br />途中の崖っぽい所で<span style="font-size:x-large;">野生のシカ</span>を見つけたり、<span style="font-size:x-large;">2匹</span>見かけたり、<br />もう今更、対した事じゃ驚かない精神状態だったにも関わらず超ビックリしたり。<br /><br /><br />また、更にもうちょっと進むと、やっと近代機を発見。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_5.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_5.jpg" alt="5" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">しかもボロボロの状態で。</span><br /><br /><br />でも、これは人がいる合図。<br />ここを通り過ぎると家が見えてきました。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">2軒ぐらい。</span><br />(民家を許可なく写真に撮るのはまずいと思い、ここはNO PHOTO)<br /><br /><br />こうしてひとまず目的地潜入に成功した訳です。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07029.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_6.jpg" alt="6" border="0" width="259" height="387" /><br /><span style="font-size:x-small;">↑クリックで大きいサイズになるようにしました</span></a><br /><br /><br />ここから望む風景はこんな感じ。<br />見るからに都会の喧騒とは無縁の場所な事がわかる。<br />ちなみに、きっと地デジだって映らないんだろうなぁと思いながら携帯を開いたら<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">もちろん圏外だったでござる。</span><br /><br /><br />そして散策していると程なくして村人と遭遇。<br />こちらから挨拶した方がいいよなぁ・・・と思いながら近づいたら<br />逆に「こんにちわ」と挨拶されたのでした。<br />もちろん元気に「こんにちわー」と返し、引き続き散策続行。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_7.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_7.jpg" alt="7" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br />そして、ここから少し歩くと、奥に神社を発見。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_8.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_8.jpg" alt="8" border="0" width="259" height="387" /></a><br /><br /><br />石段もあり、石段をのぼるちょい前にはお地蔵さんもあり、<br />石段をのぼると神社があり、その横には石碑もあり、鳥居もあり、<br />ある意味久々に普通の景色を見ることが出来ました。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07039.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07039_2.jpg" alt="pic" border="0" width="428" height="287" /><br /><span style="font-size:x-small;">↑クリックで大きいサイズになるようにしました</span></a><br /><br /><br />それでも周囲は異様な雰囲気が漂う。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_9.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_9.jpg" alt="9" border="0" width="387" height="259" /></a><br /><br /><br />あ、そういえば神社の近くに井戸がありました。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07042.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/20100906_21.jpg" alt="21" border="0" width="259" height="387" /><br /><span style="font-size:x-small;">↑クリックで大きいサイズになるようにしました</span></a><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">夜見たらちびりそう。</span><br /><br /><br />では、まとめです。<br /><br /><br />建物自体は4~5軒ぐらい。<br />住民も多分5~6人ぐらい。<br />雰囲気は、山間の盆地に出来た集落って感じ。<br />空気は澄んでて美味しくて、空が開けていて綺麗。<br />奥には神社あり。何かを祀っていたのであろう事が見て取れる。<br />色々と道はあるけれど、そのいずれも基本的には集落内どこかへの近道。<br />それでもやはり木々のトンネルがいくつかあり、その先には何かあるっぽい。<br /><br /><br />以上、潜入編終わり。<br />(20100925一部文章修正)<br />(20110614一部画像拡大)<br /><br /><br />トンネル先の<A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-37.html" about="blank">秘境編</A>に続きます。<br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /></CENTER>
34

『ちば 地図にない村』 に行ってきた(導入編)

千葉にあるという、通称「地図にない村」にいってきた。どこかというと、広域の地図で示すとこんな所↓千葉県の房総半島のちょっと内側。そしてこれをもうちょっと詳細にして上空写真にしてみると、目指す目的地の実は、こんな所↓なにもない。でもきっと何もないがあると信じて僕はここへ向かう事にした。とはいえ、ここへ向かうにしても困難は準備の段階から常に付きまとっていた。例えば、アクセスに関する問題。最寄り駅が全然最... <CENTER><br /><br />千葉にあるという、通称「<A HREF="http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=35.194022,140.163739" about="blank">地図にない村</A>」にいってきた。<br />どこかというと、広域の地図で示すとこんな所↓<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/map1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/map1.jpg" alt="map1" border="0" width="548" height="475" /></a><br /><br />千葉県の房総半島のちょっと内側。<br />そしてこれをもうちょっと詳細にして上空写真にしてみると、<br />目指す目的地の実は、こんな所↓<br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/map2_20100905174826.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/map2_20100905174826.jpg" alt="map2" border="0" width="548" height="475" /></a><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">なにもない。<br /></span><br /><br /><br />でもきっと何もないがあると信じて僕はここへ向かう事にした。<br />とはいえ、ここへ向かうにしても困難は準備の段階から常に付きまとっていた。<br /><br /><br />例えば、アクセスに関する問題。最寄り駅が全然最寄ってなかったり、<br />目的地への道が車両1台ギリギリ通れ<span style="font-size:x-large;">ない</span>ような道なのは容易に想像出来たし<br />もし対向車が来たらどれぐらいバックで下がれば離合できるようになるかもわからない。<br /><br /><br />それでも僕は地図にない村の現実を知るため、現地へ向かうことにした。<br />でも一人で行くのは少々寂しい。話し相手だってやっぱり欲しい。<br />という訳で友人を誘ってレンタカーで向かうことにした。9月4日。出発時刻は10時だった。<br /><br /><br />一向は、有料道路と高速道路と首都高を駆使して、東京23区外から千葉県へと向かった。<br />そして、周りを見渡しても人がいなくなるような山奥への入り口に着いたのは大体13時30分ぐらい。<br />そこから先は「周りに人がいない」どころか「周りは全てもののけ姫」だった。<br /><br /><br />そして、ここからの道はひどかった。<br /><br /><br />ここからの道がどれぐらい山道かというと、例えば電柱が見当たらなかったり、<br />たまに見かける電線には木が倒れかかっていたり、木々の隙間からは崖が見えたり、<br />ただでさえ車両1台しか通れないような道ばっかりなのに、<br />ダメ押しの<span style="font-size:x-large;">路肩注意</span>という看板を見つけ、その先に目をやると<br />車両1台あるか怪しい道路の両脇にはガードレールが<span style="font-size:x-large;">なかったり</span>した。<br /><br /><br />車って不便だと本気で思った。<br /><br /><br />それでも、ベテラン運転手の超安全運転に加えて、<br />同乗者2人による的確なアドバイスと最適な経路選択、<br />及び集中力をあげるための車内環境向上により<br />最高のパフォーマンスを維持して運転を続けた僕達は<br />とうとう『ちば 地図にない村』<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">の車でいけるギリギリまで来たのだった。</span><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07116_20100905191928.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/b/l/i/blissman/DSC07116_20100905191928.jpg" alt="20100904" border="0" width="581" height="389" /></a><br /><br /><br /><br />【<A HREF="http://blissman.blog130.fc2.com/blog-entry-36.html">潜入編</A>】へと続く。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1082700" about="blank"><span style="font-size:x-small;">これ押すと</span><br /><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_14.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"><br /><span style="font-size:x-small;">ランキングの1票だそうな</span></a></CENTER><FONT color="white"><span style="font-size:8px;"><br /></CENTER>
    Return to Pagetop